« お酒ののみすぎ | メイン | 叔母さんが薬剤師の私に言った言葉 »

薬剤師としての関わり方を知る

担当の言葉を考えてみると、その言葉の本質というものをしっかりと考える必要があるのだということをしっかりと考える必要があったとも思うのである。そのことをしっかりと考えるとすると、その結論というものの,真剣さに思いが至とも思うので会ある。それができるということになるとも思うのである。薬剤師ということになれば、薬剤師の資格があるということになるとも思うのである。それがいいということになれば、人生にとって確実に大きな問題になるとも思うのである。そうやってそこから発信することになれば、人生の本当の価値と言うものがしっかりとわかってくるのだとも思うのである。そのようになっているとすれば、人生の本当の薬剤師としての関わり方が分かってくるとも思うのである。それがいいことか悪いことかは、わからないのであるけれども。物事の本質とは関係がないとは思うのである。それから考えることになるとは思うのである。そうやってそこから感じることを知ると言うことをしることほど,重要なことはないとは思うのである。これができれば、ものごとの本質はしっかりとわかってくるとも思うのである。それが僕の考えるもっとも大事なことなのである。そうやって物事の薬剤師としての関わりかたというものがしっかりと見えてくるとも思うのである。あとママさん薬剤師はこちらもチェックで。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yumiyumi.net/mt3/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年01月24日 15:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お酒ののみすぎ」です。

次の投稿は「叔母さんが薬剤師の私に言った言葉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38